2016 年研究業績

[English]
[1984| 1985| 1986| 1987| 1988| 1989| 1990| 1991| 1992| 1993| 1994| 1995| 1996| 1997| 1998| 1999| 2000| 2001| 2002| 2003| 2004| 2005| 2006| 2007| 2008| 2009| 2010|2011|2012|2013|2014|2015|2016|2017]

国際会議

  1. Yuya WATANABE, Hidekazu TSUJIAI: "Digital archive of the SHISHIMAI using AR Toolkit", Swedish Computer Gracphis Socity, Proc. of SIGRAD 2016, pp.46-47, 2016.5.
  2. Hidekazu TSUJIAI: "Three-dimensional contents education of anaglyph with Scratch PROGEAMMING", the 17th International Comference on Geometry and Graphics, 2016.8.

学会発表

  1. 小笠原寛仁,辻合秀一:WHALE WATCHING!! −SCRATCHで作るアナグリフ作品−,2015年中部支部冬季例会,日本図学会,2016.3
  2. 前田 紘江(CG-ARTS人材育成パートナー企業賞),辻合秀一:ゲームニクス理論を用いたWEBサイト制作,映像表現・芸術科学フォーラム2016,2016.3.
  3. 北村 彩華,辻合秀一:Mementoを用いた灯籠の3D化,映像表現・芸術科学フォーラム2016,2016.3.
  4. 征矢 尚子,辻合秀一:軒下プロジェクションマッピング「だまし鏝絵」に関する研究,映像表現・芸術科学フォーラム2016,2016.3.
  5. 辻合秀一:アナグリフとScratchを用いた立体視コンテンツ教育,日本図学会,2016年度春季大会(八戸)大会学術講演集,pp.35-38,2016.5..
  6. 辻合秀一:Raspberry Piの教育リスク,日本図学会中部支部秋季例会,2016.11(予定).
  7. 辻合秀一:CGにおける模写模刻教育(2),日本図学会,2016年度秋季大会(東京),2016.11(予定).

学術報告

  1. 辻合秀一,前田紘江,征矢尚子,五百崎栞,北村彩華:軒下プロジェクションマッピング―高岡えまき―,映像情報メディア学会技術報告,Vol.40,No.11,pp.75-76,2016.3.

その他

  1. Hidekazu TSUJIAI:Eaves Projection Mapping -Takaoka Emaki-, 富山大学芸術文化学部・パタナシン芸術大学交流2016展,2016.1.
  2. Hidekazu TSUJIAI:Eaves Projection Mapping -Takaoka Emaki- in Toyama, 富山大学芸術文化学部・パタナシン芸術大学交流2016展,2016.1.
  3. 辻合秀一:読み書きのようにプログラミング,富山県アルミ産業協会,アルミ情報,第377号,pp.7-9,2016.3.